peak1

COVID-19: Event Supportコロナ時代のイベントサポート

3つのポイントで
コロナ禍の展示会をサポート!

イベント主催者様が抱える課題を、
混雑や接触リスクの回避に特化した3つのポイントで
ピーク・ワンが解決します。

課題1収容人数の管理

イベント開催各施設には、収容人数の制限が定められています。
「来場者」だけでなく「主催者」「出展者」「その他の関係業者」を含めた人数が対象となり、
主催者はこれを管理しなくてはいけません。

解決 1

「入退場管理システム」で滞在人数をリアルタイム把握

入口と出口で全ての関係者のバーコードチェックを行うことで、
ホール内の滞在人数をリアルタイムで把握・管理し、
感染防止策に努めることができます。

課題2受付時の混雑

従来の展示会では、時間帯によって来場人数が集中することが多々ありました。
コロナ時代においては、「密」を回避できるよう、
施設内移動中の来場者への配慮やホール内の混雑解消策が必要です。

解決 2

「来場予約事前登録システム」で混雑を解消

「来場予約事前登録システム」を使用することで、
「来場日」、「時間帯」などを予め登録してもらい
来場者数を事前に把握することで、混雑を回避する
ことができます。

課題3接触感染のリスク

展示会において、出展者は名刺交換で顧客情報を集め、来場者は資料をもらうことで企業・製品情報を集めていました。
しかし、名刺や資料の手渡しは飛沫感染のリスクが伴う行為。
コロナ時代においては、互いがソーシャルディスタンスを保ち、直接触れ合わないことが求められます。

解決 3

「バーコードシステム」で接触を防止

「バーコードシステム」を利用すると、名刺レスで来場者情報を受け取ることができるだけでなく、
「パンフレット送付希望」などといった来場者の要望を一緒に記録することができるので、
接触の機会を減らしながらも展示会の目的を達成することができます。

バーコードシステムで取得できる情報

● 来場者の要望(資料請求/打ち合わせ/見積りなど)
● 来場者の興味・関心についてのデータ

システムの導入についてだけでなく、
運用面も含めたご提案を行いますのでお気軽にお問い合わせください。